アーカイブ

ブロリコの効果について詳しく調べてみると驚きの事実が?

ブロリコとは、イマジン・グローバルケアと東京大学が共同開発によって発見された新しい成分で、ビタミンCやタンパク質が豊富に含まれているブロッコリーから抽出された新成分です。

 

 

ブロッコリーには免疫力を高める働きをするこの「ブロリコ」が含まれていますが、そのまま食べても身体に吸収されにくいため、健康効果はわずかしかありません。

 

ブロリコを摂取するためには、特殊な方法で抽出され加工されたものを摂ることで初めて身体に吸収されるようになるのです。

ブロリコを摂取する事で期待される効果はというと、ブロリコに含まれているベータグルカンが人間が本来持っている免疫力を高めて、様々な病気に対抗する働きを高めてくれるのです。

 

具体的には血液をサラサラにする効果があるので、それに伴って高血圧や高脂血症などの改善であったり、心臓や脳血管疾患の予防、老化防止などの効果が期待されます。

 

また、がん細胞を死滅させる働きを持つナチュラルキラー細胞の働きを活性化させる効果があるので、がんを予防する効果も期待されています。

 

 

ナチュラルキラー細胞は、がん細胞などの特殊な細胞を見極め、発見次第攻撃して排除するといった役割を持っているので、がんへの抵抗力も高まると考えられているのです。

 

その他にも肌の調子を整えたり炎症を抑えるといった効果もあるので、吹き出物やアトピー性皮膚炎の改善などを目的で服用する方もいます。

 

このようにざまざまな健康効果が期待されていますが、きちんと用法や用量を守り継続して服用しなければいけません。

余分な成分を含んだお茶などと一緒に飲んだりせずに、食後30分以内に水で飲むようにしましょう。

 

基本的に植物由来のサプリメントなので副作用などはありませんが、一度にたくさん摂取すると「過剰症」という症状が出ることがあるので、気を付けましょう。

 

またあくまでサプリメントであるため、医薬品のような即効性は期待せず、継続して摂取するようにしましょう。

この投稿は2017年5月3日に公開されました。

ブロリコは免疫細胞の活性化に効果があり!?

ブロリコとは、ブロッコリーから抽出された自然成分のことですが、この成分はブロッコリーを食べているだけでは身体の中に摂取することができない成分です。

 

 

そのままでは身体に中に摂り込むことができないので、ブロリコを抽出するための特殊な技術を使い抽出できるようになってきました。

 

 

ブロリコは、この希少性のあるブロリコと呼ばれている成分を凝縮してカプセルにしたものです。

 

 

この成分のこうかとして有名なものは、免疫を活性化させてくれる効果です。

 

この成分の免疫活性化の効果は、免疫活性化がある成分として有名になっているプロポリスよりも効果があり、その高さは1000倍程度まであります。

 

 

免疫活性化の効果が高いブロリコは、様々な病気に対し、高い免疫活性化の働きによって効果を発揮してくれ、その中には、日本人が発症してしまうことが多き病気である癌に対しても予防効果があります。

 

 

まだ、癌にはなっていないが、これから先も癌になるのは嫌なので、癌になっていない今からその対策を行い予防していこうと考えている人たちにブロリコはぴったりなものです。

 

 

そのため、これを使い始めた理由の中には、圧倒的に癌を予防するために飲んでいる人が多くなっているのです。

 

 

日本人の2人うち1人は癌になるといわれているため、心配している人が多く、その対策としてブロリコを飲んでいるのです。

 

 

癌の原因には、遺伝子のコピーミスによるもので、コピーミスで生まれてしまった異常な細胞が癌へと変化してしまうのです。

 

しかし、この異常な細胞は免疫細胞の働きでほとんどが死滅してしまいます。

 

 

ここで生き残ってしまった異常な細胞が癌細胞になってしまうので、この場合、免疫細胞の働きが活発に行われていれば、異常な細胞は死滅してしまい癌を発症しにくくなるのです。

 

 

この免疫細胞の働きを活発にしてくれる効果が高い成分により、癌になりにくい体質を保ってくれるのです。

 

 

年齢が高くなる程、低くなってきてしまう免疫力を高めていくためにブロリコを飲むことをおすすめします。

この投稿は2017年5月1日に公開されました。